いい物件を見つけるにはいい不動産を(ネットの情報を活用)

Real estate

様式上のメリット

マンションの売却にデメリットは少ないです

日本の住環境において太平洋戦争以前は一戸建て住宅や長屋が多く、特に平屋建ての住宅の方が好まれました。しかし、戦後、特に高度経済成長期に住環境に対する意識は大きく変わり、マンションの建設が盛んになりました。 近年ではマンション居住者は一般的となり、マンションの販売・売却数も多くなっています。マンションは核家族が多くなった現在の日本においては子供の成長と共に住環境の改善のための転居が必要な際に売却して資金とすることが一戸建て住宅よりも容易である利点があります。また、生涯を出身地で居住する人口が少なくなっているので、遠距離に住んでいる親のマンションを相続した際には所持しているだけで様々な費用が必要ですから、売却することが得策です。

投資対象として人気があります

生活を営むためには誰もが住居が必要です。一戸建て住宅には一戸建て住宅にメリットがありますが、そうした物件を選ばないでマンションに居住するメリットは一般的に一戸建てよりも安価で入手できて都市部にあるという点でしょう。特に日本の住環境においては一戸建て住宅は大抵は郊外でしか入手が困難です。 一方で、こうしたマンションの立地性のために近年の売却先は必ずしも居住目的の購入者だけではありません。購入した後で更に賃貸物件として賃料を得る投資対象としての価値が高まっているので、立地次第では価格は上昇しています。都市部のマンションに居住して、定年後の生活を郊外の一戸建てで送るためにマンションを売却する高齢者も増えています。